Log in

Banner

壬生の花田植 (ちぶのはなたうえ)

  • Published in 広島
フォト蔵 -なめらかプリン-

このスポットの総合評価  

壬生の花田植は、その年の稲作の無事と豊作を祈願する伝統行事。広島県山県郡北広島町の「壬生の花田植」は、日本の重要無形民俗文化財に指定され、平成23年にはユネスコ無形文化遺産に登録された。

 毎年6月の第一日曜日、北広島の地で盛大に行われる祭りだ。この日のために飾られた10頭以上の牛が水田で”代をかく”。

”代をかく”とはどういったものか。
田植えの前に鋤き起こした田に水を入れ、田の 底を掻きならし、肥料を土中に混ぜる仕事を指すが、現代では機械で行ってしまう。この祭りでは、昔のまま牛に曳かせて行うのだ。

そして、ササラと呼ばれる打楽器(三拝竹:編木)を打ち鳴らしながら、”サンバイ”さんが花田植の指揮をとる。笛と太鼓によりお囃子が演奏され、声高らかに田植え唄を歌う。サンバイさんは、絣の着物に袴姿で菅笠をかむり、総勢70名以上の華やかな花田植が実施される。

 

gazou

【住所】
広島県山県郡北広島町壬生

【アクセス】
中国自動車道 千代田IC

公式ホームページ

画像:フォト蔵 -なめらかプリンさん-

//
0 out of 5 based on 0 ratings

5°C

Tokyo

Partly Cloudy

Humidity: 61%

Wind: 11.27 km/h

  • 25 Mar 2016 13°C 4°C
  • 26 Mar 2016 12°C 6°C