Log in

Banner

両神国民休養地 福寿草(フクジュソウ)

  • Published in 埼玉

このスポットの総合評価  

両神国民休養地に指定された、あづまや山の中腹に福寿草園があり、約3,000㎡の園地内に約5,000株が咲きます。2月中旬から咲き始め、タイミングがよければ雪と組み合わせることもできるかもしれません。

 また、同園内には秩父の固有種である赤いフクジュソウ「秩父紅」も。福寿草のほかにも、例年1月中旬から2月下旬にロウバイも咲きます。約3,000㎡の園地内に「素心」、「満月」、「和蝋梅」の3種類・300本が咲き、見ごたえは充分です。近くに節分草園もあり、3月に咲き始める節分草(セツブンソウ)や東一華(アヅマイチゲ)など、早春の花の撮影を楽しめます。

ほかにも、両神国民休養地では、
・春には桜、花桃、シャクナゲ、ニリンソウ、ツツジ
・夏には花菖蒲(ハナショウブ)、アジサイ
・秋にはダリア、シュウガイドウ、紅葉
が楽しめ、四季を問わず1年中花を楽しめます

gazou

【住所】埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄2906
【アクセス】秩父鉄道三峰口駅からバス薬師堂下車徒歩1時間
HP:http://www.kanko-ogano.jp/archives/1560/

googlemap

画像:showa-chichibu.com

 

//
0 out of 5 based on 0 ratings

Tokyo